プライバシー
ポリシー

一般財団法人LINEみらい財団(以下「当財団」といいます。)は、個人情報の保護のために、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)その他関連法令等を遵守し、以下の方針に基づき当財団が取得する「個人情報」を適法かつ公正な手段によって取扱います。

1. 個人情報の取得・利用

当財団は、当財団が取得する個人を識別する情報(以下「個人情報」といいます。)を適法かつ公正な手段によって取得し、次項に定める目的のために利用します。

2. 個人情報の利用目的

当財団は取得した個人情報を以下の目的で利用いたします。なお、取得時に利用目的を限定した場合は、その範囲内でのみ利用いたします。

・当財団の活動を円滑に利用できるようにするため
・当財団の活動の利用状況に関する統計データを作成し改善につなげるため
・お問い合わせに対応するため
・現在行っている当財団の活動または今後予定している活動に関するアンケート実施のため
・今後の当財団の活動に関する新企画立案を行うため
・当財団の活動の利用時等におけるご請求処理のため
・その他当財団の活動に関する重要なお知らせ等、必要に応じた連絡を行うため
・当財団の活動の不正利用防止のため
・不正利用が発生した場合などに本人確認や連絡を行うため
・当財団に関する情報等を告知するため
・前各号のほか、あらかじめ本人の同意を得た目的に利用するため

3. 個人情報の第三者提供

当財団は、法令で認められる場合を除いて、個人情報を本人の同意なく第三者に提供することはございません。

4. 個人情報の委託

当財団は利用目的の達成に必要な範囲内において取得した個人情報の全部または一部を業務委託先(外国にある委託先を含みます)に委託することがございます。その際、業務委託先としての適格性を十分審査するとともに、契約にあたって情報管理に関する事項等を規定し、情報が適正に管理される体制作りを行います。

5. 本人の権利

当財団に対し、個人情報の開示や利用目的の通知を求める場合、法律の定める範囲内において、当財団が別途定めた手続きに従って、次の場合を除き開示等を請求することができます。

・開示することで本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
・開示することで当財団の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
・開示することが法令に違反することとなる場合
・開示の請求がご本人からであることが確認できない場合

開示の結果、当財団保有の個人情報の内容が事実でないと本人が判断した場合は、当財団が別途定めた手続きに従って、個人情報の訂正・追加・削除を請求することができます。その場合、当財団は利用目的の達成に必要な範囲内で遅滞なく調査を行い、その結果に基づき当該個人情報の訂正・追加・削除を行います。

なお、個人情報の開示を請求される場合には、当財団が別途定めた手続きに従って開示手数料をいただく場合がございます。

6. 本プライバシーポリシーの改定

本プライバシーポリシーは改定されることがあります。重要な変更にあたってはわかりやすい方法にて改定内容を告知いたします。

7. お問い合わせ

本プライバシーポリシーに関してご不明な点がある場合、当財団の活動における個人情報の取り扱いに関するご質問・苦情・ご相談等があります場合はこちらよりご連絡ください。

制定:2020年1月22日