活動実績

「楽しいコミュニケーション」を考えよう! マンガ版を公開

2015.11.24

  • その他の取り組み
  • 情報モラル教育
  • プレスリリース

 

ネットとの上手な付き合い方や、ネット上での適切なコミュニケーションを“自ら考える”

※本取り組みは、LINE株式会社より一般財団法人LINEみらい財団に移管した記事内容を掲載しております。 

 

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、ネット上のコミュニケーショントラブル根絶に向けたワークショップ教材「楽しいコミュニケーション」を考えよう!マンガ版の公開を開始いたしましたので、お知らせいたします。

■教材申込み窓口 https://forms-business.yahoo-net.jp/linecsr/s/materials/

※現在は一般財団法人LINEみらい財団に移管しております。

 

コミュニケーションアプリ「LINE」は、特に国内においては、単なるコミュニケーションツールに留まらず、人々の生活を支えるコミュニケーションインフラとして浸透しつつあります。その一方で、インターネット上のコミュニケーションについて知識や技能が不十分な青少年によるトラブルが一部発生しています。このような状況を受け、LINE株式会社では、コミュニケーションサービス運営事業者としての社会的責任を果たすべく、2013年1月にネットリテラシーの啓発活動を行う専門部署を設立、以来、学校や教育機関でのワークショップ授業・講演活動や、静岡大学との共同による情報モラル教材の開発等を行ってまいりました。

 

本日より配布を開始した「楽しいコミュニケーション」を考えよう!マンガ版は、青少年におけるネット上のコミュニケーショントラブル根絶を目的に、これまでの1,100回以上に渡るワークショップ授業・講演活動を通して得た知見・経験と、教職員の方から頂いた意見、および当社が中高生向けに実施したアンケート結果をもとに、新たに開発したものとなります。指導者用ガイドブックを付属し、すぐに教職員の方々にご利用頂くことが可能となっていることに加え、当社社員を派遣したワークショップ授業の実施も可能です*1。

*1:当社社員の派遣については、特設ページ( https://forms-business.yahoo-net.jp/linecsr/s/moral/ )よりお申込み可能です。

 ※現在は一般財団法人LINEみらい財団に移管しております。

 

■「楽しいコミュニケーション」を考えよう!マンガ版 七海の悩み~LINEって難しい?~

本教材は、東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻連携教授 吉川厚氏と関東学院大学人間環境学部現代コミュニケーション学科専任講師 折田明子氏監修の元、研究・開発を進め、ネット上と対面におけるコミュニケーションの違いや、ネット上のコミュニケーションにおけるリスクについて考え、グループディスカッションを通じて学ぶことができる内容となっています。物語の設定や状況を理解しやすくするため、マンガをベースに開発を行い、中学生の女の子“七海”を主人公としたオリジナルのストーリーで構成しています。例えば、仲間外れのように感じてしまうシーンや、LINEでは伝えづらいことが対面ではうまく伝えることができるシーンなど様々な要素を散りばめており、「読むことで理解する教材」ではなく、登場人物の表情や仕草から「情報を読み解く教材」となっています。

 

授業を実施する際には、マンガの事前購読の有無や授業の回数などを教職員側で自由に設定できるほか、付属の指導用ガイドブックには、指導のポイントやマンガ教材の重要シーンの解説を盛り込んでいるため、幅広い教職員の方に授業を実施頂くことが可能です。

 

―教材の対象年齢:中学生、高校生

―教材パッケージ内容:(1)マンガ教材、(2)指導用ガイドブック、(3)ワークシート

 

/linecorp/ja/pr/CSR02.png

 

LINE株式会社は、青少年ユーザーの皆さまに安心・安全にインターネットおよびスマートフォンをご利用いただけるよう、引き続きネットリテラシーの啓発活動に力を入れてまいります。