【プレスリリース】新型コロナウイルスの影響による休校を受け、全国の中・高校生を対象とした学習支援のためのLINE公式アカウントを開設

5教科の学習動画など「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」にて無償提供

一般財団法人LINEみらい財団(所在地:東京都新宿区、代表理事:奥出直人、江口清貴)は、公益財団法人 日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水静海、以下数学検定協会)、株式会社 学研ホールディングス(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:宮原博昭)、株式会社 市進ホールディングス(所在地:千葉県市川市、代表取締役社長:下屋俊裕)、株式会社 教育情報サービス(所在地:宮崎県宮崎市、代表取締役:荻野次信、以下KJS)と連携し、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で臨時休校となり授業を受けられない全国の中学生・高校生を対象に、LINEのアカウント上で5教科の学習動画などの無償提供を開始しました。

「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」LINE公式アカウント
「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」友だち追加用 QRコード
「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」
友だち追加用QRコード
https://lin.ee/gGwsLgl
友だち追加用URL

具体的には、LINE公式アカウント「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」を開設し、そのアカウント上で、国語・数学・理科・社会の学習動画を無償で提供し、中・高校生の自宅学習を支援します。利用者は、自分の学年や学習進度にあった動画を選び、スマートフォンなどで閲覧することができるようになっていて、臨時休校中の自宅学習の補助教材として活用していただくことが可能です。国語・理科・社会の学習動画は、市進ホールディングスが制作・配信しているもので、数学については、数学検定協会が監修しKJSが開発した動画を提供しています。また、英語については、学研ホールディングスが運営している、英語学習用の公式アカウントへのリンクを掲載していて、友だち追加していただくことで英語学習教材を無料で利用いただけます。提供期間については、新型コロナウイルスによる影響が終息するまでを想定しています。
本アカウントでは今後も、コンテンツの拡充などを通して、学習者のみなさまの学習機会が充実するよう支援してまいります。

■国語・理科・社会の学習動画について

国語・理科・社会については、市進ホールディングスがオンライン授業サービス「ウイングネット」で配信している学習動画を提供しています。学習内容は、国語は中・高校生程度、理科・社会は中学生程度に対応しています。

■数学の学習動画について

数学については、数学検定協会が発行している参考書的問題集「実用数学技能検定 要点整理」シリーズをベースに、音声と描画で問題を解説した動画講義型のe-ラーニング教材「ユニバーサル数学」の学習動画を提供しています。学習内容は、数学検定の準1~5級(高校3年生~中学1年生程度)の各階級に対応しています。

■英語の学習教材について

英語の学習教材を提供している、学研ホールディングスの公式アカウント「Gakken英語合格トレーナー」では、英単語や文法、リスニングの練習問題などが利用できます。学習内容は、中学卒業レベルである英検3級から、高校卒業レベルの2級まで対応しています。

■LINE公式アカウント「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」概要

内容:国語・数学・社会・理科の学習動画の提供、英語の学習教材が利用できる公式アカウントへのリンク掲載
対象:中学生、高校生 ※対象は教科によって異なる
提供期間:2020年3月2日(月)~ 新型コロナウイルスによる影響が終息するまで
利用料金:無料

■LINEみらい財団について

LINE株式会社は、CSR活動の一環として取り組んできた一連の教育活動における知見やノウハウをより広域的・永続的な活動とするため、一般財団法人LINEみらい財団を2019年12月に設立しました。
LINEが取り組んできた情報モラルやプログラミング教育の充実に向けた活動に加え、これからの社会で必要となる、フィンテックなどにおける金融に関するリテラシーやサイバーセキュリティ教育など、子どもたちのデジタルリテラシー向上に向けて広く取り組んでまいります。