活動実績

東京都八王子市のプログラミング教育導入の取り組みに プログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」が採用

2020.09.09

  • プログラミング教育
  • プレスリリース

全市立小学校の4年生約4500人を対象にオンラインでの出前授業を実施

LINE株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛)は、CSR活動の一環として取り組んできた一連の教育活動における知見やノウハウをより広域的・永続的な活動とするため、一般財団法人LINEみらい財団(所在地:東京都新宿区、代表理事:奥出直人、江口清貴、以下LINEみらい財団)を2019年12月に設立し、情報モラル教育やプログラミング教育の充実に向けた活動等に取り組んでいます。

このたび、LINEみらい財団が無償で提供しているプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」(https://entry.line.me/)が、東京都八王子市の小学校におけるプログラミング教育導入の取り組みに採用され、全市立小学校の4年生約4500人を対象に、「LINE entry」を用いたオンラインでの出前授業を実施することとなりましたのでお知らせいたします。

LINE entry

プログラミング教育は、児童の「プログラミング的思考」を養うことを目的として今年度(2020年度)より小学校において必修化され、各学校においてプログラミング教育の導入検討や実施が進められています。

そうした状況の中、東京都八王子市では、市全体でプログラミング教育を導入し推進していこうと、市立小学校一律でのプログラミング授業の実施や教員のプログラミング教育指導研修などの取り組みを始めることになり、その取り組みの一部で「LINE entry」が採用されることとなりました。

具体的には、今月から2021年3月にかけて、全市立小学校70校、約150クラスの4年生およそ4500人を対象に、「LINE entry」の小学4年生を対象とした算数の公式教材「プログラミングで角をかこう!」を用いたオンラインでの出前授業を、算数の授業時数の中で1クラスずつ実施します。なお、この授業はすべて無償で行います。

LINEみらい財団は、「LINE entry」において学年ごとに算数や理科など複数教科の公式教材や指導者用ガイドブック等を無償で提供しており*、学校においては、こうした教材等を活用して独自に授業を展開していくことも可能となっています。また、「LINE entry」を活用した出前授業だけでなく、教員へのプログラミング教育研修も実施しており、こうした取り組みが全国の学校におけるプログラミング教育導入・推進のきっかけや、広く児童のデジタルリテラシー向上への貢献となることを期待しております。
*LINE entry公式教材:https://entry.line.me/study/materials

LINE entry公式教材のイメージ

授業で使用するLINE entry公式教材「プログラミングで角をかこう!」イメージ

■概要

実施内容:「LINE entry」の公式教材を使用したオンラインでの出前授業
使用教材:小学4年生対象の算数「プログラミングで角をかこう!」※教材はこちら
対象  :全八王子市立小学校70校の4年生(約150クラス、約4500人)
授業形態:クラスごとに1人1台パソコンを使用しながら行う
期間  :2020年9月~2021年3月

■LINE entry 概要

LINEみらい財団は、2020年度からの小学校プログラミング教育必修化の流れを受け、未来のデジタル社会をより良いものにするための担い手の育成を目指し、2019年10月よりプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」を提供しております。「LINE entry」では、直感的にプログラミングを学べるビジュアルプログラミングのソフトウェアや、LINEの専任講師が学校のプログラミングの授業をサポートする出前授業、教員の皆さまが学校の授業で簡単に使えるオリジナル教材などを無償で提供し、好評をいただいております。

「LINE entry」公開時プレスリリース:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2019/2958
「LINE entry」LINE公式アカウント:https://line.me/R/ti/p/@line_entry_jp
「LINE entry」公式ブログ:http://line-entry-blog.line.me/
「LINE entry」公式Twitter:https://twitter.com/line_entry